MacBook Air M1 は買って後悔しないけど神機ってほどではない

家電・ガジェット

約1年前、私はMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020) を購入しました。すると信じられないことにその1ヶ月後にM1チップなるものが搭載された「13インチ MacBook Air(M1)」なるものが発売されるのです。巷でこのM1チップMacBook Airの評判はすこぶるよく、少しばかりの後悔の念を抱きながら約1年旧MacBook Airを使用していました。

しかしM1 MacBook Airの高評価に耐えられず、ついに「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020) 」から「13インチ MacBook Air(M1)」へ買い替えをしてしまいました。

こんな微妙な買い替えをする人は多くないかもしれませんが、比較しながら「13インチ MacBook Air(M1)」の感想を書いておこうと思います。

そこまで速くない??

いままで使っていたMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020) 」はこちらです。

Apple公式:MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020) – 技術仕様

M1 MacBook Airに対しては全員が口を揃えて「速い」と言います(言っている気がします)。なにが速いのかはよくわからなかったのですが、たぶん編集とかゲームをするアプリのことなんでしょう。

画像や動画の編集とかゲームには使わず、メール・ブラウザ・メモ・カレンダー・各種メッセンジャーやチャットのような一般ビジネスマン的な使い方をしている自分としてはMacBook Air (Retina, 13-inch, 2020) 」から「M1 MacBook Air」に乗り換えても速くなった感じは特にありません。

発熱とファン音がないのは快適

M1 MacBook Air でよくある高評価ポイント2つ目は本体が発熱しなくなりファンの音がなくなったということです。MacBookは Air でも Pro でも長時間使ったりアプリを重ねて立ち上げたりすると本体が熱くなりながらゴォォという轟音(というほどではないけど)が鳴り響きました。

これによって使えなくなったり壊れたりするわけではないのですが、「冷ましたほうがいいのかな」とか「少し休憩しようかな」みたいに多少心配にはなります。

M1 MacBook Air は発熱とファンの音がまったくありません。

Windows PCは長らく使っていないのでわからないのですが、Macのノートを10年弱使っていた自分としてはこれは画期的です。

その他メリットとしてバッテリーの持ちがよくなったとは言うのですが、新品に買い替えたらバッテリーが長く持つように感じるのは当然だからあまり比較できないですよね。気持ち長くなった気はしますが、「最大18時間」とか「6時間増量」みたいなのは役に立たない表現だなとも感じます。

あとそもそも電源がとれない状態で長時間利用するケースってそこまでないので、バッテリーの長時間化はもう十分な気もします。

安く買うには各モールのキャンペーン狙いか

Mac製品はあまり値引きがされないので、安く買う方法としては下記あたりでしょうか。

  • 公式サイトの整備品を買う
  • Appleの年始セールで買う
  • メルカリなどで中古で買う
  • 各ECモールのポイントを狙う

公式サイトで購入する場合は115,280円(税込)です。メモリやストレージをカスタマイズするなら公式のみになりますが、M1 MacBook Air でカスタマイズが必要な人は多くないかもしれません。よっぽどの使い方でなければカスタマイズなしで売られているモデルで問題ありません。

私はYahoo!ショッピングで購入しましたが、商品の価格が約11万、キャンペーン期間のポイントバックが約1万円だったので、公式で購入するよりも15,000円くらいは安い金額で購入できました。

ありがとうYahoo!

また、購入にともない使わなくなった「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)」は約7万円で売却できたので、実質3万円で買い替えできたことになります。

個人的には「発熱とファン音がなくなったこと」と「これが一番いいMacBookであるという安心感」が3万円で買えたのはいい買い物でしたが、ライトユーザーが高速化を期待して買い換えると思っていたほどではなく後悔するかもしれないなと感じました。

Posted by nishiryu